ホーム>よみものメニュー>私たちのこと

私たちのこと

なぜ?無施肥(無肥料)栽培

(有)川原農産では、平成28年よりたんじゅん農を採用し、無施肥(むせひ)によるお米の栽培は今年で3年目となります。

なぜ無施肥なのか?

一般的に肥料を入れなければ作物は育たない。と考えられております。

しかしながら、その一般常識とは逆行した動きをなぜとるのかと言われれば、納得した理論と言うか仮説があります。

 

以下は、(有)川原農産 代表の川原應貴の仮説です。

全ての物質は、自然の法則にそってバランスを保とうとしています。

例えば、自分の体をイメージしてください。砂糖を使った料理や飲み物を飲食すると、血糖値が急上昇します。

身体は、血液中の血糖を正常値まで下げようとインスリンを分泌します。

これと同じように、田畑の土もまた理想のバランスを保とうと、必要に応じた雑草が生えると言われています。

肥料の三要素(窒素・リン酸・カリ)の純度の高いものが田畑に投入された場合はどうでしょうか?

元々必要としていたバランスを、肥料によって崩され、理想のカタチに戻そうと働くと仮定したら、肥料分をその土地から排除しようと働くはずです。

約30年近く前に社会科の授業で社会問題になっていた事案に砂漠化と言うものがありました。

化成肥料を多用する事で土地がやせて砂漠が広がっていくと言うものでした。

人間基準、人間都合、人間本位で作物の量産をもくろんだ結果土地をやせさせてしまっているのではないでしょうか?

 

切り上げ剪定で、無肥料無農薬栽培の道を歩んでおられる道法さんと言う方がおいでです。

道法さんの剪定講習会を受講し、植物ホルモンの働きを学ぶと、なおさらの事肥料が不必要なものであるという事がわかりました。

 

窒素は植物に吸収されるとジベレリンが増加するという事です。

ジベレリンは植物を活性させ肥大化させるホルモンですが、糖度が低下したり旨味が低下したりと働くようです。

つまり肥料を使うと食味が落ちるというのは必然の話だったのです。

また、エチレンやアブシジン酸などが減少するそうです。

エチレンやアブシジン酸は、病害虫に強くなる抵抗力を上げる物質です。

つまりは、肥料をやることで、植物の抵抗力を下げ、弱らせるから農薬によって防除する必要が出てくるのです。


肥料無しで、どうやって植物が育つのだ?田んぼには稲刈り時に稲わらを戻しているが、籾の部分はそっくり田んぼから、持ち出している。その持ち出しの部分の補てんをしなければ、収穫量が落ちるじゃないか。

と言うのが一般的な見解です。

しかしながら、窒素は空気中に豊富にあるし、特段あえて加える必要はないのです。

それでも納得がいかない方はイメージをお願いします。

植物を育てる時にまず必要なものは、水です。水が無ければ発芽ができません。

その水は、純水ではなく、雨が野山に降り注ぎ土中のミネラルを蓄え、小川や川となり田畑に利用されます。

奥能登では、標高の高い山が無いため水源が乏しく、各所ため池があり利用されています。

要するに、水が命の素であり、常に外から田畑に入り込む水にこそそのエネルギーと栄養素があると仮説します。

だから、肥料を投入しなくても植物は育つのです。

 

野山を見ればその答えがそこにあります。

誰かが耕し土の中に肥料を混ぜ込んでいるでしょうか?

病害虫に襲われそうだからと、野山に農薬をまく人がいるでしょうか?

誰もまいてはいません。ですが毎年青々と木々は育っています。

誰も耕さず、植物が自ら落とした葉っぱや枯れ枝などが堆積しただけです。


そう、これだけだと自然農でいいのではないか?となってしまいます。

しかしながら、野山には多種多様な植物が入り乱れて生きており、ある程度の生産量を同じ種類の作物で栽培して収穫する事を目的とした農の場合は自然とは違います。

だからこそのたんじゅん農だと思っています。

必要とあらば使えばいい。必要なければ使わなければいいと言う理論です。

 

(有)川原農産が行うのは、農業であり食糧生産を行う事であり、お客様に安定的に食を供給する事が目的であり使命です。

そしてお客様のお身体がより健康に健全になる食物をお届けする、その最善の方策が無施肥栽培だと考えております。

 

川原農産のスタイルとスタンス

(有)川原農産の農業に対するスタイルとスタンス


1.命にとって良い事をし、命を大切に育みます。

川原農産は食べ物=「人に良い物」「人が良くなる物」「人を良くする物」と考えます。
その食べ物は、命そのものであり、命のエネルギーがあって人は命を繋いでいます。
育む命にとって良い事を考え、大切に想いをもって育て、命を全うさせる会社を目指します。

 

2.正直をモットーに責任ある行動をします。

命はストレートに感じ取ると考えております。
だからこそ、正直に正しいと思うことを責任を持って行動する会社を目指します。

 

3.お客さまを大切にし、お客様のトクを考え行動します。

お客様があって始めて継続した農業ができます。
利用して下さるお客様がトクを感じ、継続してご支援いただける会社を目指します。

 

 

4.地域を大切にし地域全体の農業を考え行動します。

農業は一人ではできません。地域の皆さんや同業者の皆さん、関係する行政の皆さん様々な協力を頂いています。
川原農産は農業をするうえで、関係する皆さんとの連携や協力を大切にし、
未来に繋がる農業を展開する会社を目指します。

 

5.楽しさ面白さを探求します。

継続した事業の為には、楽しさや面白さが必要だと考えております。
苦しみながらの農業は考えておりません。
楽しさ面白さを見出し、次世代に農業の魅力を継承する会社を目指します。

 

川原農産は平成13年に設立して18年目の年となります。その間に築き上げてきたスタイルとスタンスです。今後も研鑽しより良い事業体として次世代に農業を継承できるよう頑張ってまいります!

(有)川原農産でできる事

私たち(有)川原農産が農業を通じてできる事は

  1. 食糧の生産と供給
  2. 新農業人の育成と輩出
  3. 農業体験を通じた魅力発進
  4. 農用地の維持管理と荒廃地の再生
  5. 素材を生かした農家ならではの農産加工
  6. 農産物や加工品の販売
  7. ネットワークづくり(農業者・お客様・地域住民など)
  8. 命を学ぶ食育活動

と言った感じでしょうか?

考えうる事を羅列してみました。

全ては、命を繋ぐ原点となる食を支える農業を継続させるために何をすべきか?と言う観点から考えてみました。

 

(有)川原農産が存在する意義は、農の継承。いわば生きるという事の継承。

近い未来も、遠い未来も、お客様の食卓に笑顔が生まれる食をお届けする事。

子ども達が笑顔で暮らしていける未来を創る事。

 

笑顔で暮らすのと、しかめっ面で暮らす、どちらを選択したいかと問われれば、私は笑顔で暮らしたい。

笑顔で暮らしたいお客様の生活を支えたい。

 

(有)川原農産は、未来永劫お客様の食卓の笑顔を生み出す事を目指した、笑顔生産法人でありたいと思います。

 

百姓一系・九代目与三郎

出張販売のご案内

定期的に、毎月第4金曜日から5~6日東京で出張販売を行なっております

 

主な販売個所

  • 第4金曜日:青空市場(丸の内行幸ギャラリー前)
    丸ビルと新丸ビルの間の地下道です。
  • 翌土曜日:青山ファーマーズマーケット(国連大学前)
    青山通り沿い、青山学院大学の真向かいです。
  • 翌日曜日から3日間:セブンデイズ下高井戸(京王下高井戸駅北口前)

 

年内は、出張販売を行いますが、翌年以降商品の在庫状況によって出店を中止する場合がございます。
ご了承ください。

 


 

 

豪華客船「飛鳥Ⅱ」採用のコシヒカリ

「飛鳥Ⅱ」採用のコシヒカリ

日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」で
奥能登コシヒカリが2年連続採用!

日本郵船が所有する、日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」で、(有)川原農産のお米(平成24年産米)が1年間の採用をいただきました。

(平成24年10月~25年9月までの1年分、(有)川原農産の奥能登コシヒカリだけで採用して頂きました。)

 

弊社1社では、供給力としてはギリギリでホームページ等での販売分が枯渇してしまうアクシデントもあり、平成25年産はグループ会社である「煌輝奥能登㈱」で、統一資材を用いてワンランク上のお米栽培を行い、試食会の場にて協議していただき、2年連続の採用をいただきました。

 

稲穂

お米の採用にあたって

10月の初旬、日本各所の新米が出揃ったころに、料理長を含めた幹部方で試食会を必ず行ったうえで、1年間使用するお米を選定する形を取られておりました。

味や価格といったところをシビアに吟味し、乗船していただくお客様に最高のお食事やおもてなしサービスをする為の選定と伺っております。

飛鳥Ⅱの目玉とも言える、旅行プラン99日間世界一周のワールドクルーズにも、私どもの奥能登コシヒカリが使用されていました。このワールドクルーズの際に、お客様は毎日お食事をされるわけで、このお米の味が変わってしまうとお客様の不満足につながることから、一産地限定で吟味して選考していたそうです。

お取引のありました、平成24年、25年の二年間の間に、飛鳥Ⅱを運営する郵船クルーズさま、納品を行う明治屋様、精米を担当される精米屋様、このすべての担当者様といろいろなお話をさせていただき、お伺いした情報です。

 

平成27年より今現在は飛鳥Ⅱのワールドクルーズは行っていないようです。

これに伴い、一年分のお米を確保することもなくなり、現在は日本国内の各就航地のJAさんよりその都度仕入れる形を取られているようです。

残念ながら、今現在では選考が無くなったのかコンペへのお声はかからなくなってしまいました。

日本各地へのクルーズの際、その就航地のお米を使うという、地産地消の形を取り入れていらっしゃるのだと思います。

飛鳥Ⅱのお客様へのサービスの想いは、変わらずクオリティーの高いモノなんだなと感じております。

 

お米の保管について

(有)川原農産では、お米の保管は専用の冷蔵機能のある保管場所で、保管管理しております。
お米の品質は、梅雨の時期に大きく変化しやすいといいますが、保管状態さえ良ければそんな事はございません。
私達は、できる限りの注意を払い、年間を通じてお客様に美味しいお米を召し上がっていただけるよう、努力しております。

玄米の品質管理

玄米を販売させていただく際には、色彩選別機によって、着色粒や異物を取り除いて出荷する努力をしております。

精米の品質管理

白度調整のできる(有)川原農産専用の精米機で、石抜きと砕米選別後、色彩選別機で着色粒やその他遺物を取り除いて出荷する努力をしております。

精米の販売形態について

(有)川原農産では、精米を販売する際は、玄米重量の1割減の状態で販売させていただいております。

玄米5kg 精米4.5kg
玄米10kg 精米9kg
玄米30kg 精米27kg

 

理由

当社ではお米を玄米の状態で30kgの袋で保管しております。精米すると大体1割ほど米ぬかで目減りしてしまいます。
従いまして、精米を5kg、10kg、30kgなどと調整をする場合には、半端が出てしまったり、中途半端になってしまい、ちょうど良い精米をすることが困難なため、はじめから1割減という形での販売をさせていただいております。
また、1割減の数量は、お米の軽量の際にもとても都合の良い数字でもあります。

 

1合 1カップ 180ml 150g
1升 10カップ 1800ml 1.5kg

 

従いまして

精米4.5kg 3升 30カップ
精米9kg 6升 60カップ

という風になります。

 

炊飯の際、通常の人であれば、○合や、○カップと計量すると思います。
実は、5kgや10kgという数字は半端米が出てしまう数字なのです。

当社は、専業農家らしく、農家としての販売形態でお客様に販売させていただいております。

 

しかしながら、農家のわがままをお客様に押し売りするのも申し訳ございません。

また、一軒一軒のご家庭の消費動向は月々異なります。

お客様のご要望により、1キロ単位で調整した販売も行っております。

 

中途半端であっても、まずはお気軽にご相談ください。お客様のご家庭にお得なご提案をさせていただきます。

ページ上部へ