ホーム>Farm sharing

Farm sharing

Farm Sharingご支援いただいたスポンサー様

ご支援いただきましたスポンサー様をご紹介いたします。
(紹介順は順不同)

〇事業者名(個人) :吉川照靖
〇所在地 :広島県福山市



〇事業者名 PC-Paddockナカムラ
〇所在地 〒344-0112 埼玉県春日部市西金野井1698-1
〇電話番号 090-4614-6097
〇HPやSNSのURL https://store.shopping.yahoo.co.jp/pcpaddock99/info.html?sc_i=shp_pc_store-item_strh
〇PR文章 パソコンの修理からオーダーメイドーパソコンの受注や中古パソコンの販売の取り扱い


ご支援をいただきありがとうございました!

Farm sharingとは

Farm sharingとは、(有)川原農産 代表 川原應貴が考えた造語です。

農業は農家がやるモノという概念から、農業はみんなでやるモノへと変化させたいという思いから生まれました。

農業は、この30年間の中で様々な課題が浮き彫りとなっています。

  • 後継者問題
  • 嫁問題
  • 高齢化問題
  • 過疎化問題
  • 食糧自給率問題
  • 耕作放棄地問題
  • 農業所得の問題
  • 相続問題
  • 耕地整理問題
  • その他....

と、上げればまだまだ出てきそうなくらい問題が解決されず、山積です。

農業者人口は激減する中で、農家一人ができる課題解決は限界があります。

そこで単純な発想ではありますが、農家だけじゃない人が農業に参入できればいいんじゃないか?
農家だけで農業をやろうとしなくていいんじゃないか?と考え、
どの様にしたら農業外の人たちが農業に入ってくれるのかを考えました。

そこで誕生したのがFarm sharingです。

農地を切り売りする形で、農場主になっていただこうと考えました。

ココだけ見れば、一種のオーナー制度ってやつでしょ?とお思いになると思います。

しかし、川原農産が考える仕組みは、オーナー制度のようでオーナー制度ではありません。

2022618101256.gif

川原農産の農業を応援してくださる、

  • Farm sharingオーナー
  • Farm sharing事業サポーター

この2方と川原農産の3方で取り組む仕組みになります。

 

 

ページ上部へ