ホーム>よみものメニュー>お米コラム>美味しい白ご飯の炊き方
お米コラム

美味しい白ご飯の炊き方

いろいろなところで美味しいご飯の炊き方が、ネット上でも検索すれば出てくる現代ですが、そんな中でも美味しく炊くときどうしたらいいの?との質問も時々受けます。

そこで、改めて(有)川原農産 代表 川原應貴が美味しいと思う炊き方をお伝えいたします。


1.固めがすきですか?柔らかめがすきですか?

ご飯には色んな味わいがありますが、大きく分けると、この食感で一つ違いが出ると思います。

固めが好きな人、柔らかめが好きな人それぞれにあわせる炊き方のコツは、水です。

水の量での調整もさることながら、研ぎ時間、漬け置き時間、水温でも変化はしますよ。

この水と品種のバランスで粒がしっかりしたり、潰れたりもするわけです。ですので、ご飯を炊くときはいつも同じ!ではないのです。

是非、その違いを楽しんでみてください。

ご飯の米研ぎや、下準備が倒くさいとお感じの人もおいででしょうが、ここが面白いところですよ!

ここの微妙な違いで、ご飯の美味しさや表情が変わります。

 

柔らかめのご飯

最後の水の計量はやや大目にしましょう。

・電気炊飯器の場合、水はメモリ3分の1から半メモリ大目で

・ガス釜など火力での炊飯の場合、水は1合~1合半大目で

漬け置き時間も長めにしましょう。

・30分~1時間以上置きましょう。この時ぬるま湯を使うと更に柔らかく仕上がりますが、粒が崩れる恐れもありますのでご注意下さい。

 

固めのご飯

最後の水の計量は規定量にしましょう。

・電気炊飯器の場合、規定量にあわせましょう

・ガス釜など火力での炊飯の場合、規定量から半合ほど多めに入れましょう。

漬け置き時間は短めに

・電気炊飯器の場合、研いだあと直ぐに炊飯スイッチを押しても大丈夫です。漬け置き時間無しで炊飯できます。

・ガス釜など火力での炊飯の場合、15分~20分程度つけ置きしましょう。気温水温によって時間は変えましょう。水温が冷たいときは長めに、水温が高いときは短めにしましょう。

 

品種によって若干吸水性など違いが出ますので、少しずつ変えてより自分のお好みのご飯を探してみて下さい。

ページ上部へ