ホーム>よみものメニュー>わかりやすい身体のしくみ>癌は産業廃棄物処理場?
わかりやすい身体のしくみ

癌は産業廃棄物処理場?

癌は体が作った産業廃棄物処理場?


人の体は何から出来ているのだろうか?

答えは簡単に言うと、食べたものでできている。

食べたものによって約60兆個の細胞で構成され、常に行き変わり死に変わり新陳代謝によってその生命は維持され生きている。

その中に、脳も含まれる事から、心や思考もまた食べたものによって出来上がるといっても過言ではないと仮説する。

 

私の考え方は、常に必要は目の前に現る、と言うことだ。

例えば、病気になる、怪我をする、事故を起こすこれらの事象も必要があって身に降りかかるものであると考える。

 

近年、死亡原因の大きな要因の一つに上げられるものが、【癌:ガン】である。

 

なぜガンが発症するのだろうか?

 

生命は、それぞれに再生能力を有し、不都合があれば遺伝子の設計図を元に修復しようと働くが、DNAを破壊し増殖を繰り返し、命を奪うものがガンだと一般的には考えられているようであるが、私は少し違う。

 

口から入ったモノが、食べ物であれば良いのだが近年われわれの身の回りにあるものは、食べてもすぐには健康被害が出ることはなく死にいたることは考え難いもの(厚労省が認めた食品添加物等)が圧倒的に多い事が考えられる。厳密な一日あたりの許容摂取量が一般に周知されているわけでもなく、世界一ともいえる許認可数の食品添加物が複雑に組み合わされ使用されているのが日本の現状なのである。

 

基本的に、われわれは食べたものを咀嚼し、消化分解し、吸収して体の臓器によってそれぞれに組み替えられ、新しいからだの一部を生み出したりしているわけである。

口から入ったモノが、命ある生命活動のエネルギーとなるものであれば、基本自前のの臓器で分解し、生命活動に転換される。しかしながら分解吸収できない物質が体内に入ったとしたらどうなるだろうか?

イメージして頂きたい。

処理不能な物質が体内に入ることは一回限りではない。毎日毎食の中で、少しずつコツコツと蓄積が重なるわけだ。

これが、体外に排出できず蓄積し続けたとしたら、どうなるだろうか?

そのままでは不要なものによって体が蝕まれてしまう。そこで出てくるのが癌であると私は仮説する。


不要なものを処理し、体の機能を取り戻そうと、産業廃棄物処理場を体に作るのではないかと考える。

ここで考えを改め食を改善すると、必然的に産業廃棄物処理場は必要なくなり廃業となることから、癌が必然的にその役目を終えて消える。


しかしながら、現代の医療の方法論で考えると、切除やコバルトによる療法などで抑え込む方に力をシフトする。

その上で、食生活等の改善がなされなければ、また再発の道しかない。


私の知り合いに、30代で末期がんになり未だに生き続ける60代の男性がいる。

治すことは可能なはずなのである。

 

物事は因果関係がある。今起きている結果には必ず過去から起因する原因があるのである。

癌にいたるのは、癌になるだけの原因があるのである。

 

癌は教えてくれている。今のままでは体が持ちませんよと。癌からのメッセージを受け、生活を改め食を改めると、必然的に癌はその役目を終えて消えていくのである。

これが私のもつ、仮説である。

 

医者でもない人間の仮説であるから、正しいかどうかは分からないが、イメージしやすいと思う。物事を身近にたとえ因果関係を紐解けば、今起きる困難もまた解決の方策はあるということである。

体に向き合いそのメッセージを受ける事、行動する事が今の社会では求められているのではなかろうか?


 

 

ページ上部へ