ホーム>よみものメニュー>お米コラム>日本人とお米の関係
お米コラム

日本人とお米の関係

日本人と主食であるお米には、遥かずっと昔からの深い関係があり、
食の欧米化が進んだ現代でもお米は欠かす事が出来ない存在です。
こちらではお米の起源や日本人の主食になった理由など、お米との歩みをご紹介いたします。

日本のお米の起源

日本にお米作りが伝わったのは、約3000年前の縄文時代後期から弥生時代の事とされています。
それから、お米作りは日本中へと広がり多く食されるようになりました。
しかしそれより以前に、原始的な方法で農耕が行われていた可能性があるともされています。

古代と現代では農作業に違いはありますが、日本人とお米の関係は何千年も昔から続いているのです。

昔の日本の人口増加を助けた

狩りや食料採取をやめて農耕で食料確保をするようになると、
多くの労力を必要とするお米作りのため、集団を作るようになり、全国的に著しい人口増加がみられました。

そして田んぼが増え耕地が拡大するにしたがって、
役割分担・管理をする組織化が進み、さらに人口増加に拍車をかけます。
お米を中心とした食料生産は、日本で多くの人々の生活を支え、より良く進化し続けながら現代まで受け継がれています。

日本人の主食になったお米

日本の初夏は梅雨により雨が多く、夏の気温が高いためお米作りに適した気候です。

そしてお米は長期保存が可能なため、収穫の少ない時期のために保管しておく事も出来ます。

お米作りによって築かれてきた日本は、農具や用水路、堤防、品種改良を重ね
やがては経済の基礎となって近代国家にまで成長してきました。

そして、生産条件や気候に合わせてコシヒカリや希少な能登ひかりなど開発・改良が続き、
私たちの食卓は豊かなものになりました。このような条件が重なり、お米は日本の食卓に欠かせない存在となりました。

(有)川原農産は、コシヒカリや能登ひかりなどのお米や加工食品の通販サイトです。
日本人の味覚に合ったコシヒカリや能登ひかりは、母の日やお祝いのギフトとして喜ばれる人気の品です。
また、上質で希少な能登ひかりは、大切な方への贈り物としておすすめいたします。
(有)川原農産では毎日の食事に欠かせないお米を、お得に購入出来るよう定期購入割引をご用意しております。

 

ページ上部へ