ホーム>よみものメニュー>お米コラム>おやつにおすすめのポン菓子
お米コラム

おやつにおすすめのポン菓子

石川県産コシヒカリの定期購入やギフトなら

お米やお米を使った加工品なら、石川県産コシヒカリやポン菓子、
輪島玄米餅などを取り扱っている(有)川原農産にお任せください。
お子様のおやつには、駄菓子屋をはじめ、スーパーやコンビニでも見かけるポン菓子がおすすめです。

ポン菓子はどのように作られる?

餅つき

ポン菓子は、お米をはじめトウモロコシや豆、麦といった原料で作られます。

お米などの原料を専用のポン菓子機の圧力釜に入れ密閉し、
回転させながら加熱して徐々に加圧します。
10気圧程度まで圧力がしっかり高まったところで圧力釜のバルブを叩いて開き、
一気に圧力を開放すると原料が膨張してポン菓子の完成です。

 一気に減圧する際、爆発的な音がする事から「ばくだん」や「どん」と呼ばれたり、
「米はぜ」や「パットライス」など、地域によって様々な呼ばれ方で親しまれています。

ポン菓子が出来たきっかけ

ポン菓子は、1940年代に「吉村式ポン菓子機」が登場してから一般的に知られるようになりました。北九州市戸畑区にあるタチバナ菓子機の代表・吉村さんが、小学校の教師をしていた時の体験がポン菓子機誕生のきっかけです。

その当時は戦争のまっただ中で、食料は不足していました。さらに配給される雑穀を炊く燃料も足りず、雑穀を固いまま食べた子どもたちが消化不良を起こして体調を崩す事が多かったようです。

吉村さんはどうにか消化の良い物を食べさせたいと考えていた中、ベルギーに穀類膨張機がある事を知ります。
試行錯誤しながら機械を設計し、日本でも有数の工業地帯、北九州の優秀な鉄職人の小さな工場でポン菓子機が完成したのです。

ポン菓子はおやつにピッタリ!

お米を使ったポン菓子は、蒸気圧により米粒が10倍にも膨らみます。
お米の自然な風味を残して香ばしく仕上がるため、お子様のおやつにおすすめです。

ポン菓子

お米そのものの味わいを楽しむのはもちろん、今では水あめや黒糖、キャラメル、カレーパウダーなどを絡め、様々なテイストのポン菓子が販売されています。

お米の栄養はそのままに楽しむ事が出来ますので、ぜひおやつにおいしいポン菓子を取り入れてみてください。

 

美味しい石川県産コシヒカリを使用したお菓子の通販なら

おいしいポン菓子をお探しの方のため、(有)川原農産ではポン菓子や素焼きおかきを販売しております。
石川県輪島市から、こだわりのコシヒカリやゆめみづほ、コシヒカリよりさっぱりした味わいの能登ひかりなどをお届けする奥能登米専門店です。

お米の他、ポン菓子や輪島玄米餅、冷やして食べる能登甘ざけなど、お米専門店ならではの加工品も提供しております。
自宅や飲食店での定期購入はもちろん、 お中元やお歳暮といったギフトにもおすすめですので、お米やお米の加工品はぜひ(有)川原農産からお取り寄せください。

 

ページ上部へ