ホーム>奥能登里山だより

奥能登里山だより

お餅が人気です。

こんにちは!川原農産スタッフのますみです。

先週は 年明け早々全国的な大雪でしたが、皆さまの地域はいかがだったでしょうか?

川原農産がある石川県輪島市も、6年ぶりの大雪に見舞われました。

201811615523.jpg

こんな場合は明け方前から除雪作業です

2018116155327.jpg

 

一時はどうなるかと思いましたが(^_^;)

今は雪も大分除雪が追いついて、輪島の子供たちも学校に行けたり、皆普通の日常生活に戻れたようです。

今年の冬は久しぶりの大雪。みなさん気を付けていきましょう。

 

 

また、大雪により配送業者の集荷が中止になった事で、ご注文いただきました商品の発送が数日遅れてしまいました。

お詫び申し上げるとともに、ご理解いただきました皆さまに感謝申しあげます。

 

 

人気商品は「お餅」

お陰様で、今年は特にお餅が人気です。

本日の出荷分も完了です。

201811615555.jpg

川原農産では、お米以外にも「お餅」や「輪島爆米(ポン菓子)」「おかき」等を自社のオンラインショップで扱っております。

例えば、このようにお好きなお餅をお選びいただき、詰め合わせて送らせていただいています。

2018116161333.jpg

オンラインショップからご注文頂くと、8000円以上で送料無料となりますので、お友達とまとめてご購入いただき、シェアしていただくのもおススメです。

是非のぞいてみてくださいね。

 

川原農産オンラインショップはこちら ←クリック

オンラインショップからご注文頂くと、8000円以上で送料無料となります。

明けましておめでとうございます。

平成三十年をむかえ、早10日経ちました。

新年のご挨拶が遅れてしまいましたが、

(有)川原農産一同より、

皆々様にとって本年が良い年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

昨年は炭素循環農法に取り組んで2年目の年、大きく実験の幅を広げ様々な作物たちの声を目の当たりにした年でした。

今年は、その声をしっかりと受け止め、生かしていく年としていきたいと思っております。


どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

 


1681年天和元年創業 百姓一系・九代目与三郎

笑顔生産法人 有限会社 川原農産 

代表取締役 川原應貴

本年もありがとうございました。良い年をお迎えください。

平成29年も残すところあと数日。

今年は皆様にとってどんな年となったでしょうか?


振り返ると、川原農産では人員の入れ替えと言う大きな節目の年でした。

2月に加工担当をしていたスタッフの卒業。

6月に販売担当をしていたスタッフの卒業。

一時は正社員がゼロになるという非常に危機的状況かに陥ったのですが、ボラバイトの採用や新入社員の入社などで何とか年の瀬までやってきました。


7月の水害や新農法による栽培方法の変革、天候気候に左右されながら、今年は減収した年となり苦しさもあります。

しかしながら、その中においても次年度へ向けての確かな手ごたえはつかんでいます。

肥料を使わない、炭素循環農法の採用によって、作物の健全化を図る努力をした結果、お召し上がりになられた複数のお客様から、いつもと違うとの変化を感じたご指摘・ご感想を頂いております。

 

頭の中でイメージしていたことが、具現化できつつあることに喜びを感じ、またよりお客様の心体にとってより利のある食をお届けする喜びを感じ、次年度に向けてのやりたいことがあふれている今日この頃です。



常に前へ、常に一歩でも高みへ、常により良い選択を!

お客様を喜ばせる事が我が身の喜びとなり、さらに良い歯車を回していく事が、川原農産のやるべき事であると思っております。


本年の営業は、12月28日までです。

年末年始のお休みをしっかりと頂いて、平成30年はさらに邁進する年にしてまいります。

年始は1月8日より営業させていただきます。

よろしくお願いします。

 

笑顔生産法人 (有)川原農産 代表取締役 川原應貴

 

 

本日22日は「丸の内行幸マルシェ」出店

こんにちは!川原農産スタッフのますみです。

本日は冬至ですね。今日を境にだんだんと日が長くなるかと思うと嬉しいです。

冬至といえば古くから「かぼちゃ(南瓜)」を食べる風習がありますが、かぼちゃは別名「南京(なんきん)」といい、陰(北)から陽(南)に向かうことを表すため、かぼちゃを食べると縁起が良く、運盛になると考えられたのだそうです。

ビタミンAとカロテンも豊富なためか「冬至にかぼちゃを食べたら、その1年は風邪をひかない」なんて言ったりもします。

私も今晩は、かぼちゃを食べたいと思います。

 

都内マーケット出店

12月22日~26日まで、川原農産は東京都内のマーケットや路面店舗に出店いたします。

お米やお餅の販売を行っております。

本日は「丸の内行幸マルシェ」にて、スタッフのたくみさんが販売を行っております。

お近くの方は、是非この機会に川原農産自慢の能登の「お米」や「お餅」を食べてみてください。

20171222145530.jpg

20171222145621.jpg

丸の内行幸マルシェ×青空市場@東京駅前・行幸地下通路(行幸地下ギャラリー前)にて

 

日程・場所は以下

・12月22日(金)  「丸の内行幸マルシェ

 時間/ 11:30〜19:30

 

 時間/ 10:00〜17:00

 

・12月24日(日)・25日(月)・26日(火) 「下高井戸駅北口店舗
※住所:東京都世田谷区松原3-42-4(下高井戸駅北口の目の前にある路面レンタルスペースです)
 時間/ 12:00〜20:00(最終日のみ10:00〜18:00)
 
 
 
お正月の鏡餅などもご用意しておりますので、お近くの方は是非お立ち寄りください。
お待ちしております。
 
 
 

本日20日の折込広告にて「お正月餅」受付

こんにちは、川原農産スタッフのますみです。

本日、輪島市内の新聞折込広告に「お正月餅」の広告が掲載されました。

お正月餅の準備がまだの方は是非、本日の越後屋さんの広告をご覧ください。

 

FAXをお持ちの方:注文用紙に記入し、そのままFAXしてください。(FAX:0768-32-0832)

FAXをお持ちでない方:お電話でも受け付けしております。(電話:0768-32-0800)

 

その他、「もち米」の注文も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

たくさんのご注文お待ちしております。

 

 20171220172817.jpg

【川原農産お問合せ】

電話:0768-32-0800

FAX:0768-32-0832

今日は丸餅作り

こんにちは、川原農産スタッフのますみです。

輪島の雪もひと段落。かと思いましたが、今日も午後から雪が降っております。

まだまだこれから冷え込みそうです。

 

本日、川原農産では丸餅を製造いたしました。

杵でついたお餅を、スタッフがきれいな丸に整えていきます。

もち米には「新大正糯(しんたいしょうもち)」を使用しています。

新大正糯は、粘りとコシがあり、舌触りなめらかでよく伸びる美味しいお餅です。

 

お正月餅の販売も始まっておりますので、お得にお買い求めいただけますよ。

是非、ご賞味ください。

 

【お正月餅の注文方法】

輪島市では、明日12月20日の越後屋さんの広告で「お正月餅」のFAX注文が可能となっております。この機会にご利用ください。

県外の方は、こちらのページより「注文書」をダウンロードしてご注文ください。

→お正月餅の受付ページ

 

2017121916526.jpg 20171219165413.jpg

 

コロンブス12月号に、川原農産社長のインタビュー記事掲載

こんにちは、川原農産スタッフのますみです。

輪島市は本日、朝から吹雪となっております。皆さま、雪道の運転お気を付け下さい。

 

「コロンブス12月号」に社長のインタビュー記事が掲載されました

11月29日発売の「コロンブス12月号」に川原農産の代表取締役「川原應貴」のインタビューが掲載されました。

川原農産が平成28年の米作りから取り組んでいる『たんじゅん農』への思いを語っております。

また、川原社長の農業に対する向き合い方についても触れております。

是非、書店でお買い求めください。

20171212141523.jpg2017121214127.jpg

お正月餅の受付はじまる

おはようございます。川原農産スタッフのますみです。

先日、能美市に住む友人と輪島で会う機会があり、輪島市門前町の海で釣り上げたという「寒ブリ」を見せてもらいました。

その寒ブリはざっと見たところ、80cmはありそうでした。

この寒さの中、釣りをしに能登へ来たことへのびっくりと、そのブリの大きさにびっくり!

友人には二度びっくりさせられました。

 

能登は、「山の幸」「海の幸」ともに恵まれた土地だなぁ…とあらためて実感し、誇らしい気持ちです。

能登の寒ブリは、きっと身が締って美味しかったことだと思います。

この時期は、美味しい冬の味覚を堪能したいもの。

川原農産でもお餅の販売が始まっております。

 

〈お正月餅の受付開始〉

川原農産では11月下旬よりお餅作りが始まり、年末に向け「正月餅」の受付を開始いたしました。

もち米には自社で生産している「新大正糯(しんたいしょうもち)」を使用しております。

柔らかく、伸びのある自慢のお餅です。

受付は12月25日までとなっておりますので、お早めにご注文くださいね。

 

輪島市在住の方は、12月20日の越後屋さんの新聞折込広告にてFAX賜っております。

遠方の方は「FAX注文書」をダウンロードしてお使いください。

 

「注文書」をダウンロードして注文

「お正月餅FAX注文書」はこちらの「PDFファイル」のリンクからダウンロードお願いいたします。

20171212134355.pdf

 

注文書見本

20171210101625.jpg

お電話での注文も受け付けております。

●電話:0768-32-0800

●FAX: 0768-32-0832

(お電話受付は平日 8:30~17:30 土日休業)

 

●送料(本土を基準にしています。北海道、沖縄の方は送料が異なる場合がございますので、お問い合わせください。)

8,000円以上:無料

7,999円~3,000円:200円

2,999円以下:800円

 

 

ご注文お待ちしております。

子供たちからの感謝状

こんにちは、川原農産スタッフのますみです。
今週、輪島市は雪が降りとても冷え込んでいます。

降り始めの火曜日、川原農産の周りも少し雪が積もりました。

これから寒い日が続きますので、どうぞ皆様、お体ご自愛下さい。

 

《もち米の寄贈》

昨日12月8日、川原農産で育てた新大正糯(しんたいしょう もち)の精米150kgを、輪島市内の保育施設と小中学校へプレゼントさせていただきました。

贈呈式では、町野保育園の園児たちからの感謝状をいただき、とても感激しております。

 

201712915139.jpg 201712915126.jpg

 

子供達には、「しっかり食べて、伸び伸びと、柔軟な思考を持った輪島っ子へと育ってもらいたい」と願いを込めて、川原農産社長が自ら届けてまいりました。

川原農産の新大正糯は、柔らかく伸びがあるお餅に仕上がります。

心を込めて作ったもち米で、おいしいお餅を食べてもらえると思うと、とても嬉しいですね。

川原農産は今後も、「自分たちができる社会貢献活動」「地域の子どもたちへの子育て支援」を考え、行っていきたいと思います。

 

 

本日の北國新聞さんでも、贈呈式の模様を取り上げていただきました。
ありがとうございます。

2017129154445.jpg

 

 

【スタッフ募集】ともに笑顔を育む仲間を募集しています。

(有)川原農産では、共に笑顔を育む仲間を募集しております。

(有)川原農産は、能登半島の奥地である奥能登輪島を中心として水稲・果樹を栽培し、加工販売を行う小さな6次産業化経営体です。

私たちの目指すところは、育む命でお客様の食卓に笑顔を生み出す事です。

食べて美味しく体にも美味しい食材や食品をお届けする事によって、お召し上がりになったお客様やその家族が笑顔で食卓を囲む事から、地域や社会が笑顔になっていく事をイメージしています。

ですので(有)川原農産は、育てた命からお客様の笑顔を生み出し、地域の笑顔を生み出す会社になるべく、本来は農業生産法人となるのですが笑顔生産法人と名乗り頑張っております。


ハローワークでの求人を出しております。

ご興味のある方は是非ご覧いただき、お問い合わせください。

https://www.hellowork.careers/%E6%9C%89%E9%99%90%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E5%B7%9D%E5%8E%9F%E8%BE%B2%E7%94%A3%E9%96%A2%E9%80%A3%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%B1%82%E4%BA%BA

 

(有)川原農産では、地域で共に働く仲間を育て輩出していく事で、地域農業の底上げを考えております。

農家になりたくても、中々農家になる手立てがないという人、やりたいけど設備投資が大きすぎると諦めている人、やってみたいけど今まで全く経験が無い人、様々な理由で農家をあきらめている人、

是非川原農産に来てみてください。

 

私たちは、農業生産・農産加工・販売と必要な分野を網羅して経営を行っている関係から、独立に向けた道が見つけやすいと考えています。

また、低家賃の社員寮も完備し、共に働く仲間たちと高みを目指し日々を過ごすことが出来ます。

水稲・果樹との複合経営であり、単一品目だけでの栽培とは違い、いろいろな農業にチャレンジできます。

炭素循環農法の理論に基づいた、自然に寄り添う農業を行っています。有機農法や自然農法とは違いますが、農家として生きていくうえでの必要な事を学ぶことが出来ます。

弊社を卒業し、独立した仲間や地域の若手農業者との交流を持ちながら、いろいろな農業に触れて自分の目指す農業のカタチを築き上げることが出来ます。


自然農だから良い、慣行農法だから悪いという事は言いません。

それぞれに、それぞれの使命を全うしているからこそ、今の社会があるわけです。

何をとっても二面性があり、良いに悪いはついているし、悪いに良いはついています。

(有)川原農産の立ち位置は一見中途半端にも見られがちですが、生きていくうえで様々な環境にいち早くシフトして順応できるかが大事だと考えております。

必要とあらば使えばよい、必要なければ使わなければよい。と言うのが炭素循環農法の考え方です。

私たちの農業は、常に前を向き時代に順応できるようにしていきたいと思っております。

将来独立したい意思のある方は、是非川原農産にお越しください。ともに命を育みましょう♪

ページ上部へ