ホーム>奥能登里山だより>与三郎のひとり言

与三郎のひとり言

前を向いて

今朝、会社のメールにお問い合わせでご連絡がありました。

Twitterで、弊社のお米が遺伝子組み換えだと言っている人がいますよ。とご案内くださったのです。

ツイート元を探っていくと、お身体を壊された事を切っ掛けに、食への高い関心を持たれた方のようにお見受けいたしました。

 

抜粋すると書かれていたものは、能登ひかりも遺伝子組み換えという言葉でした。

おそらくですが、品種交配=遺伝子組み換えという風にとらえていらっしゃる方なのかなとお見受けしました。

世の中にはそういう考え方もあるのは存じております。

 

ようは、自然の中で生まれたものではなく、人為的に別の品種と別の品種を掛け合わせて品種交配をさせることで、新しい品種を生み出していく手法です。

人為的に行う点が、遺伝子組み換えという風にとらえられる方も世の中にはおいでだという事です。

これに対して、反論をしても仕方のない事です。

 

事実、能登ひかりはコシヒカリの孫にあたる品種になります。

ですので、これを遺伝子組み換えという風にお感じの方に関しましては、できる限り別のお米をお求めになられることをオススメします。

弊社では、ゲノム配列を操作した遺伝子組み換えの種は使っていないと信じております。

それは、弊社で種を同行しているわけではなく、地元のJAさんより保証書のついた種籾を仕入れさせていただいております。

それが遺伝子組み換えに置き換わるのであれば、事前にJAさんから連絡があると思っています。

そういった話や通達はないという事を申し添えさせていただきます。

 

さて、なぜこのような事が起きたのかを辿っていきました。

そうしましたところ、私が以前書いた記事。これをご覧になられた方が世の中の社会悪に吐き気がするというたぐいのツイートを上げたところ、それにコメントを重ねる形で能登ひかりも遺伝子組み換えという文言が書かれておりました。

 

もとをただせば、私の投稿が原因です。

数年前まで、私は子供たちの命を守るためには、後世に継承していくためには、社会悪に立ち向かい勝たなくてはいけない!と思い込み、むやみやたらにネット上に書き込みを繰り返しておりました。

その事に対して、当時は間違ったことをしていないと思っておりました。

しかしながら、今はあぁそういう事もあったねと冷めた目で見ています。

 

なぜか?

人は自分が攻撃されるとか、被害にあうという状況下に陥ると、自分のみを守ろうとします。

自分の身を守るすべがない時、攻撃的になると感じています。

そして前を向けず、過去にあった事を引っ張り出しては、あの過去があったからこの今があるという風に非難してしまいがちです。

 

残念ながら、私はその状況から変化をしてしまいました。

変えられないものに反発し歯向かう時間よりも、この状況下での最善策を考えより良い未来をイメージするほうに時間を割こうと思いました。

ですので、今でも過去の記事が間違っているという風には感じてはいませんが、それをして誰も何も変わらない状況が今です。

変わらないものに限りある時間を割くのではなく、変えられる可能性がある方に時間を割く。そう決めただけです。

 

ですので、因果応報とは言いますが、過去に私がまいた種が私のもとに結果として返ってきました。

これも一つの経験と捉えさせていただき、成長の糧とさせていただきます。

 

過去の記事はあえて削除もいたしません。私がそういう過去を経て今がある事実は変わりません。

今後も似たようなことは起きる可能性はありますが、前向きにとらえ今自分ができることを一つずつ取り組むだけです。

こんな(有)川原農産ではありますが、どうぞ今後ともごひいきにしていただけるとありがたいです。

川原農産の方向性

コロナウィルス感染症に日本のみならず、世界各国が翻弄されています。

新しい時代への転換期、この時代の狭間で先に未来の希望の光を見出し歩みだす人、過去との変化をきらい時代の変化に順応出来ない人さまざまおいでです。

私ども(有)川原農産もまた、新しい時代に対応した農業のカタチ、販売のカタチを導入しなくてはならない転換期だと受け止めております。


(有)川原農産は、農業の分野において、無施肥・少量施肥によるファスティング農産物の生産を確立していきます。

何ゆえ無施肥・少量施肥での生産なのか?

人も植物も、動物も土壌も一つの命と言う風に見た時に、不要なものが入り込めばバランスを崩し、病気や不具合を生じます。

必要なものが必要な分だけあるとバランスを整え、外的要因に強い状態を作ります。


森を見た時、そこに誰かが肥料をまているでしょうか?
誰かが農薬を散布しているでしょうか?

何もしなくてもそこに毎年青々とした木々や草花が育っています。


近年持続可能な農業のカタチが問われる社会となってまいりました。

肥料への見方も大きく変化し始めています。

大量生産の為に何かを犠牲にする時代は終わったと思います。

有機肥料と言えど、肥料です。肥やす為の材料と言う事です。

我々は、化成肥料も有機肥料も、肥料と言う同じ人間の都合の為に投じる材料だと考えております。

肥料は必要ない。そんな農業で、安定的な収穫量を生産する技術の確立を目指して取り組んでおります。

従いまして、よく無農薬ですか?と問われることがありますが、弊社は違います。

肥料を断ち、余分な成分を入れこまない事でバランスを健全化させていく、人間で言ったらいわば断食、つまりファスティングを土壌や食物に行っていくイメージです。

もし、健全なバランスを保つことが出来れば、病気にも強く元気な作物や土壌になると思うのです。

(有)川原農産は目指します。健全なバランスの取れた生産物を供給し続けられる農業を。


(有)川原農産は、販売の分野において、新しい市場開拓を行い挑戦して参ります。

これからの新しい市場とは、多くの仲間と作り上げる市場です。

ここにHPを構えECサイトを運営する時代は終わりました。

大手ECモールに出店するという事も手数料や条件に阻まれた限界があり、我々のような零細企業ではのし上がる事は至難の業です。

新しい市場とは、異業種の事業者と共に作り上げるお客様や情報をシェアし、共に三方良しになる市場です。

同じ意識、方向性を持つ人達で作り上げることで、景気に左右されず健全な取引がなされます。

我々がそこに関与して、一緒に市場作りをしていく意味とは、製造活動や販売活動の単粗化。つまりは時間や包装などを短縮・圧縮する事でのコストカット。

より生産に時間を割くことが出来る環境づくりです。

そして、より高品質な商品をよりお値打ちな価格でお届けするシステムを構築する事で、お客様の得につながります。

 

(有)川原農産は、この2本の柱を軸として2021年邁進してまいります。

ご利用いただくお客様には、いつも買えないという不便をおかけしてしまうかもしれませんが、私だけが買える商品私だけが使えるサービスと言った形で、関わるお客様にオトクを感じていただける取り組みをしてまいります。

今後ともよろしくお願いします!

気付きと発見

5年ほど続けている、無施肥栽培。

今年は少量施肥による栽培も織り交ぜた形で展開。

その中で、昨今気づいたことが、取り組んでいるのは作物たちの体質改善。

人間でも体質改善のために取り組むファスティング(断食)。

川原農産が取り組んでいるのは、まさに作物たちのファスティングでした。

ファスティング米.jpg

今年、春先は天気が良く雨がほとんど降らない状況下。

冬場も雪がほとんど降らず、水不足を心配するほどでした。

7月に入り、梅雨入りとともに長雨の季節となり、日照は減りました。

 

しかし、川原農産が取り組んだ無施肥・少量施肥の田んぼたちの稲は、
株をしっかりと張って、葉色をどんどん上げていくという、
見ていてとても力強く頼もしい状況です。


収穫してみないとわかりませんが、おそらく私どもの稲たちは大丈夫です。

近隣の雑草にはイモチ病が出ていても、圃場内の稲には全くその気配がありません。

体質改善し、自己免疫を高めていると私は仮説します。

今年の川原農産の稲は、いつにもまして面白いメッセージを私たちに送り続けてくれています。

#ファスティング #ファスティング米 #ファスティング農産物 #川原農産 #奥能登 #輪島

面白い成長を見せています!

ここ4年ほど、無肥料栽培・無施肥栽培に取り組んできていましたが、
極端に収穫量を落としてしまうなど経営の圧迫の要因ともなっておりました。

完全無施肥という圃場の数を減らし、大半を少量施肥へとシフトさせて本年臨んだところ、
予想以上に良い成長を見せてくれています。

理想に近づいてきていると実感するところです。

また後日詳しく記事を書いていこうと思います。2020714144015.JPG

雪が少なく心配です。

今年ほど雪が降らない年と言うのが記憶にありません。

春以降の水不足などが懸念されますが、今できることを一つ一つ取り組んでまいります。
 

雪が降らずやや気温も高めですが、それなりに冷え込みもありますので、餅つきをしながらおかき用の餅をカットして干しています。

おかき用の餅は気温が高いときに干すと、一気に乾燥してひび割れを起こしてしまいます。

この寒い時期だからこその作業になります。

もち米と奥能登海水塩だけのシンプルな素焼きおかき。
一瞬味気ないと思うかもしれませんが、あとひく美味しさがやってきます。

是非一度お試しください。

素焼きおかき.jpg

色んなタイプのスタッフ募集しています。

奥能登で、ワクワクしながら命を育みませんか?


2019年、新元号に代わる転換期の日本。

(有)川原農産もまた、新しくより力強く成長をするために新しい仲間を募集しております。

(有)川原農産の求人サイトはこちら。

 

新しい時代の働き方は、より自由でより自分の想いを形にする時代のようにも感じます。

それは今までの働き方からの脱却。

同じようにはいかない分、苦労も有ります。

しかし、その苦労を買ってでも突き進む未来には自分の理想が待っているのです。

 

貴方は何をして生きたいですか?

 

生きる為に何をして生きますか?

 

貴方にとっての生きるとはどういうことですか?

 

小難しく考えればきりがありません。

しかしながら、生きる目的が無くては、どんなに高性能のナビをもってしても宝の持ち腐れ。

人生においての、目的地設定があってこそ、ナビは生きてくるし動く車も無駄なく進めるわけです。

 

今、貴方は何をしたいですか?

今、貴方はどうしたら笑う事が出来ますか?

 

私の師は言います。

「今できない事は10年たってもできない」

やりたいことの中に、田舎暮らしがある方は今がその時です。

やりたいことの中に、家族を良い環境で生活させたい方は、今がその時です。

 

さぁ、一歩を踏み出してみませんか?

 

奥能登で生きる。

(有)川原農産が、全力でその姿を示し、

(有)川原農産が、全力でサポートし、

(有)川原農産が、全力で仲間を増やしていきます。

 

皆がやりたいことをやるその傍らに、いつも農業がある暮らし。

(有)川原農産はこれを目指していきます。

 

生きるとは食べる事です。

その命を育む、農業と言う仕事。

20数年前には学校の授業で3Kと言われておりました。

 

汚い・キツイ・格好悪い

 

と。

 

そう思う人は思っていてください。

私も、昔はそんな恥ずかしい家業をする家の子どもとして、

農業を軽蔑視し、親を尊敬できませんでした。

 

しかし、強制的にではありますが、

農業に身を投じ、

身をもって農業を体感した今、

心の底から言えるのは、

 

「農業はおもしろい!」

 

です。

 

私と共に、奥能登で農業をしませんか?

命と語らいませんか?

(有)川原農産は、農業を通じて、一つでも多くの笑顔を産み出す、笑顔生産法人を目指します。

 

多数のご応募お待ちいたしております。

 

 

(有)川原農産の求人サイトはこちら。

 

社長的には白もちが!お客様的には豆もちが♪

こんにちは。

今年の冬は雪が少なく、例年に比べて除雪に時間を取られることが殆どない奥能登です。

さて、昨年無肥料栽培のもち米を敢行して育てた私。

収穫量と言う問題では残念な結果になったのですが、品質と言う点では格段に一昨年よりも良くなっていると感じています。

 

人員不足もあり、社長自らが餅つきの現場に入って餅を搗くという川原農産ですが、おかげでそのお餅の美味しさを12月のお正月餅の製造時には、毎日のように確認して確信しておりました。

「確実に白もちが美味くなっている!」と。

yakimochi.jpg

それで、本日の社長の昼メシは、賞味期限切れで直売所から引いて来たお餅です!(笑)

 

だいたい、12月がお餅販売のピークです。特に年末の1週間が一番の売れ時ですね。

 

そのお正月餅をお召し上がりになったお客様から、年明けもお餅のご注文を頂く事が今年増えました!

特に、今年は豆もちが人気の様です!

まぁ、お餅が美味しいだけに豆餅も確かに美味しいです♪

 

去年よりも確実に増えたのが、地元のおじいちゃんおばあちゃん達からの注文。

今日も、豆もちと草もち、2升ずつほしいとご購入頂きました!

ありがとうございます。

 

お正月以外はビックサイズの、袋は生産しておりませんが、小袋タイプは生産していきますので是非お試しください♪

https://www.kawaranousan.com/shop/products/list.php?category_id=7

 

 

 

今年もお世話になりました!

善哉.JPG

今年も残すところあと、2日。

毎年のように、いろんな思いを巡らしているのですが、40歳を過ぎてからやたらと年明けから年末までが早いと感じている九代目与三郎こと川原應貴です。

 

お餅の準備は出来ていますか?

今年のうちのお餅は格段にレベル上がりましたよ!

無肥料栽培で育てたもち米は、ストレートに美味い!と感じる仕上がりに♪

是非白もちで食べてもらいたいなぁ~と思う今日この頃です。

 

皆々様にとって、激動する来年も、より良い年となりますよう、川原農産も堅実に一歩前へ進めるよう、祈りを込めてあと2日を過ごしていきたいと思います。

今年もありがとうございました!

共に歩む仲間を求む!

(有)川原農産の目的は、農業を通じて一つでも多くの笑顔を産み出していく事。

この目的を達成するために、大きく分けて3つの部門が存在する。

 

1.生産部門

2.加工部門

3.販売部門

 

今まで、どの部門でも間に合うように、入社するスタッフには全てを経験させ、ゼネラリストの養成を行うようにし、誰かがかけても補填できるようにと思ってきた。

商品の質や味は、それなりに高い評価を頂いているお陰で、需要は年々伸びているがそれに対応しきれるだけのスタッフと能力が欠けている状態。

だからこそ、共に歩む仲間を募集している。(現在は加工部門だけだが、生産部門と販売部門も追って求人していくつもり。)

 

それぞれの分野において、全部自分で関わってきて18年。

それなりの経験と知識の中で、自分がやればどれをとっても人並み以上の働きはするが、自分一人の力には限界がある。

 

今までは全部門のゼネラリストの養成を目指したが、今度はそれぞれの部門におけるスペシャリストの養成を考えている。

 

我こそはと言う志願者がいれば、是非名乗り出てほしい。

 

人類の幸せ、世界平和には人の笑顔が必要不可欠だと思っている。

共に、多くの笑顔の生産に向けて歩んでいただける仲間を募集していきます。是非お問い合わせください!

クラウドファンディングの目標達成!

川原農産の挑戦、クラウドファンディングにご支援とご協力を頂きました皆様に、
100%を超えたご報告と、感謝の気持ちを込めた御礼を、代表取締役として一言申し上げます。
 
ありがとうございます!
100%を達成するまでに、じわじわと支援者が増えていく傾向にありました。
 
その原因の一つが、プロジェクトの資金の使い道とプロジェクトの内容に若干のずれを感じられていたからではないかと、
今更ながらに分析しております。
 
 
このように感じたのは、Facebookの友達から「金属探知機って何のために使われるのですか?」と言う問いからです。
 
 
支援はしても、その支援したお金の用途が多くの皆様にとって、すんなり理解できるものではなかったのだと感じております。
 
 
クラウドファンディングを初めて挑戦し、良い勉強をさせていただいております。
 
 
そこで、遅ればせながら金属探知機を必要とする理由を下記に記載いたします。
 
 
=================================================
 
金属探知機は、加工食品等商品の出荷前の最終チェックで使う為に導入予定です。
 
 
農作業に関わる機械も、加工に使う機材もそのほとんどが金属でできている為、経年劣化によって金属が混入するリスクはどうしても避けられません。
 
 
弊社の商品で「能登焼栗レンジパック」が有ります。
数年前、関東の高級スーパーである紀ノ国屋さんにて販売していた折、金属片が入っていたとお客様からご指摘を頂く痛恨のミスをおかしました。
当然、全店舗から全回収しその調査や報告する為に金属探知機での検査を依頼された経緯があります。
 
 
実はその時、奥能登で金属探知機を導入しているような製造業や個人事業主は見つかりませんでした。
 
 
結果的に、農家仲間でもある白山市の㈱六星の軽部社長の計らいで、時間外に全回収した焼栗を200~300パックだったと思いますが、金属探知機にかけていただきました。
金探の結果は、他の商品に金属片は見つからず問題の商品はお客様からご連絡いただいた一つだけだったのですが、清掃の際に使っていたワイヤーブラシの破片だったことがその後、石川県工業試験場での調査結果で特定判明しました。
 
このように、異物混入のリスクは取り扱いヵ所、取扱い店舗数が増えて行けばいくほどの製造販売のリスクが高まり、さらにはもし問題があればその対処にも相当な時間と経費が掛かってしまいます。
 
過去の経験から未然に防ぐ、その為に導入を考えています。
 
 
そして出来るなら一つでも大きいサイズでグレードを上げることが出来れば、処理能力が上がる他、六星の軽部社長の計らいのように、奥能登でも金属探知機があることで、農家仲間や地域の事業者の仲間がもし何かあったときにも、うちでチェックできる体制ができます。
 
過去の失敗や常にあるリスク、耕作者の高齢化や離農農家の増加に対し今後も請け負い面積が増えて生産量も増える可能性が見込まれます。
それに伴って従業員の雇用が必要な状況は益々増えます。従業員の通年雇用の為にも農産加工での毎月の収益も重要になっています。
 
携わる人が増えれば増える程リスクもまたそれに伴って増えてしまいます。本当言うと農業って家族経営の範疇でできるミニマムサイズが望ましいなと最近考えたりもしています。
しかし地域の農地や地域の地主さんにお仕事を先代がもらって、私が大学まで進学させていただいたり、生活させてもらったという恩を考えれば、耕作してほしいと言う地主さんからの声はむげに断れない状況です。
 
人は生きる為に、食という重要な行為をやめる訳にはいきません。
 
その食の為には農業・農地が維持管理されていく事が必要不可欠であることは言うまでもありません。
 
 
我々(有)川原農産は、奥能登・輪島を中心とした地域農業から、日本の農業の維持振興発展の為に、減少した農家仲間を増やす事が重要だと考えております。
 
微力ながら、雇用や研修、体験等を通じ、農業の魅力を伝えながら農業の道を志す仲間・同志を増やす活動もしています。
 
 
リスクを小さく、効果を最大限に持っていく為に今回の金属探知機の導入はその一端を担うものと考えております。
 
 
 
=================================================
 
目標額の100%は、一つの通過点です。
 
正直なところ金属探知機はピンキリ有ります。身丈に合わないようなその一番グレードの高い物を望むわけではありませんが、出来る限りグレードの高い物を導入したい想いです。
 
自己資金で導入できればベストなのですが、まだその実力が(有)川原農産にはありません。
 
私たちの考え方、目指す方向にご支援いただいた皆様と共に理想の農業の形・農産物や食品を生産し、必要とされる法人を目指してまいります。
 
9月末日がクラウドファンディングの締切日です。
 
残り20日以上ある募集期間中は、少しでもグレードの高い金属探知機の導入に向けてご支援をさらに募集させていただきます。
 
 
 
従いまして、知人友人でご興味がありそうな方がおいででしたら、是非お知らせください。
 
クラウドファンディングのリターンは一つのきっかけであると考えております。
 
ご支援いただきました皆様とは、今後も良き関係を続けていく為いろいろとスタッフと共に思考して参ります。
 
 
どうぞ、今後とも(有)川原農産をご支援・ご指導いただきますようお願い申し上げます。
 
 
1681年天和元年創業 九代目与三郎
笑顔生産法人 有限会社川原農産
代表取締役社長 川原應貴
 
ページ上部へ