ホーム>奥能登里山だより>川原農産からのお知らせ

川原農産からのお知らせ

川原農産はこんな会社です

「たんじゅん農」を取り入れている「川原農産」ってどんな会社?

今日はそんな疑問にお答えします!!

 

農業を通じてお客様の食卓に「笑顔」をお届けする「笑顔生産法人」です

私たち(有)川原農産は、農作物をお客様にお届けすることで、「美味しい」「嬉しい」といった「笑顔が」生まれる食を目指します

生産した農作物がどんなに安全であっても、どんなに無農薬であっても、その農作物(命)そのものが「美味しい」ものでなくては、食べ続けていただくことはできません。

生産した農作物が「安心安全であるのは当然の事」という認識のもと「美味しい」を最優先事項として全社員で追及します。

それにより、継続した購買に繋がり、強いては継続した経営になりると考えております。

生産者とお客様が「持ちつ持たれつ」の関係を築き、共に歩む会社を目指したいと思っております。

 

 

年間休日日数100日以上ある会社です

月の就労日数は21日。日曜日は完全定休日。その他のお休みを相談の上決める事ができますので、平日しか出来ない役場の手続きや、子どもの授業参観や運動会にも融通を利かせることができます。

就労日数は 21日×12ヶ月252日 ですので、

年間休日は単純計算で 365日-252日=113日 です。

自分のプライベートな時間もきっちり作れる就労体制です。

労務士に入って頂き、労働者にとってより働きやすく、より活躍していただける仕事場を目指して日々改善中です。

 

 

女性就業率が高い会社です

取締役の半数は女性です。現在は女性2名のみですが過去数年の社員の男女比を見ても、だいたいが半数又は半数強が女性です。

現在 労務士と協議しながら、『「産休」や「育休」の導入、更には、「産休・育休明けに仕事に復帰できる道」を準備していきましょう』と打ち合わせいたしました。

今後ますます、女性の力感性を必要としていくと考えており、活躍しやすい環境整備を労務士と協議しながら進めてまいります!

 

 

「子どもの成長」と「子育て中のご家族」を応援します

川原農産は、学割米などを通じて、子ども達に「より良い食」を届けていきたいと考えています。

また、子どもの行事やイベントのための休暇願いや、就労日の変更の申請も気軽に相談でき、子育て中のお母さんが働きやすい社風です。

「子は国の宝」と考えており、未来を担う子どもの成長を親御さんたちと一緒にサポートします。

 

 

「たんじゅん農」で、美味しさとエネルギーを意識して農業を行なっています

川原農産では、平成28年度から「たんじゅん農」を採用しています。

「たんじゅん農」とは、炭素循環農の法則の略で、不要な肥料や化学物質を省いて農作物を育てる農業のことです。

病害虫に強く、より自然に寄り添うため、エネルギーが多く宿った農作物(命)になると代表の川原應貴は実感しています。

私たちは、自然本来のおいしさや、エネルギーをもった農産物を育て、それらを原料にした加工品を製造販売しております。

お客様には、安心・安全でかつ、栄養たっぷりの食品を提供することを目指しています。

 

 

農業を志す仲間を受け入れ輩出する会社です

輪島市をはじめ奥能登地区は現在、過疎高齢化が進み、空き家や耕作放棄地が増加しています。

そこで川原農産では、移住して「独立した農業経営者」を目指す人をスタッフとして受け入れています。

我が社が持つ経験や知識、人脈等、独立に必要な情報を習得していただき、奥能登に農家仲間を増やす活動を、自社の経営とともに行っています。

地域と連携が必要になる農業において、同業者の存在は農業を継続する為に必要不可欠です。

農業を継承する者の育成と輩出は、地方で農業経営をするものにとって、生き残りをかけた手段でもあるのです。

 

川原農産のお餅の原料について2

(有)川原農産では平成21年に加工場を設け、食品製造に取り組み始めました。
 
平成22年に餅つき機を導入し、餅加工に着手していきます。
 
(有)川原農産のこだわりは、その原料にあります。今回はもち米以外の原料についてのお話です。
 
 

もち米以外の原料

◆ (有)川原農産では、もち米以外の原料で使用している者は以下の通りです。◆

【黒豆】地元で育った黒豆を地元の農家さんから仕入れたり、地元JAで販売されているモノを仕入れたりしています。

【よもぎ粉】御菓子屋さん御用達の、お菓子の材料を卸しているメーカーから、国産よもぎ粉の乾燥粉末を仕入れて使用しております。

【ごま】カドヤの黒炒りゴマを使用しております。

【奥能登海水塩】新海塩産業さんの奥能登海水塩を使用しております。

【着色料(ベニコウジ色素)】天然由来の着色料で紅白餅の紅餅を作っております。

 
できる事であれば、全部を地物で揃えたいところではありますが、安定的な生産を行うにあたり、安定的な原料調達が地元では黒豆と塩程度しかできない為、現状は上記のようになっております。
 
 

奥能登海水塩について

 
奥能登は約400年続く伝統的な揚げ浜製塩法がある土地柄であり、塩の専売制が合った中でも、海藻を入れた藻塩として製造を許可されその伝統が引き継がれてきたと言われております。
 
近年では、その塩産業に参入する業者が増え、多くの奥能登海水塩が流通されるようになってきました。
弊社で利用させていただいているのは、新海塩産業さんのお塩です。
 
 
揚げ浜製塩法での塩づくりは天気の良い日しか製造することが出来ず、冬場に向けては悪天候の続く奥能登では中々製造ができず、安定しない中で、新海塩産業さんは流下式製塩法を用いて安定した塩の生産供給ができるようになっており、弊社では生産製造を安定させるために利用しております。
 
 

石川県を中心とする北陸のお餅の特徴

 
お塩が入ります!塩加減は作りてによってバラバラですが、弊社ではほんのり塩味を目指し、そのまま味付け不要で食べられるお餅づくりをしております。本来もち米の持つ旨味を十分に発揮してくれています。
 

川原農産のお餅の原料について

(有)川原農産では平成21年に加工場を設け、食品製造に取り組み始めました。

平成22年に餅つき機を導入し、餅加工に着手していきます。

(有)川原農産のこだわりは、その原料にあります。

 

《原料のもち米について》

(有)川原農産では、新大正糯(しんたいしょうもち)を原料として育てて使用しております。
新大正糯を選ぶ理由は次の通り!

  • 柔らかさが長持ちし固くなりにくい。
  • 伸びが良く舌触りが滑らか
  • 収穫時期が遅くうるち米とバッティングしない。

 

(有)川原農産で重視する点は下記の通り、

第一に重視するところは、美味しさです。

自分が食べて美味しいと思えるモノでなければお客様にご説明ができない!と考えております。どんなに安全で健康に良い物であっても、美味しくなければ継続して食べることはできません。ですので美味しいという事がまず第一条件にあると考えております。

第二に重視するところは、安全面です。

自分の子ども達に食べさせたいと思える品である事が大事だと考えております。自分が食べる訳ではないからといって、安い肥料や農薬で量産しようとは考えておりません。どの作物に対しても我が子に食べさせたいと思えない育て方はしたくはありません。作物たちも同じ命です。命を育む事が農業だと考えておりますので、弊社の商品は大量にはありません。数に限りがございますのでご了承ください。

第三に重視する点は、安定生産と供給です。

農業者として、食料を安定的に供給し続けることがプロ農家であると考えております。限られた面積の中で安定的な収穫量をもってお客様に安定的に供給し続ける事ができる体制を考えております。ですので弊社で行う栽培方法は、自然栽培や有機栽培、無農薬栽培と言った栽培方法ではありません。炭素循環農法の法則に基づき、化学的な肥料をやめ炭素材によって微生物を活性化させて、微生物の力によって作物たちを生かしていく事で、農薬も必要なくなる仕組みを目指しています。
ようは人間が良い物を食べれば健康になるし、劣悪なものを食べれば不健康になるのと同じです。作物たちにとって不必要を省き、健全な食生活をもって病害虫に強い体作りをサポートしつつ、安定した生産を行う事を目指して頑張っています。


これらの基本姿勢を軸にしてできた新大正糯を原料として餅加工を行っております。

 

 

明けましておめでとうございます。

平成三十年をむかえ、早10日経ちました。

新年のご挨拶が遅れてしまいましたが、

(有)川原農産一同より、

皆々様にとって本年が良い年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

昨年は炭素循環農法に取り組んで2年目の年、大きく実験の幅を広げ様々な作物たちの声を目の当たりにした年でした。

今年は、その声をしっかりと受け止め、生かしていく年としていきたいと思っております。


どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

 


1681年天和元年創業 百姓一系・九代目与三郎

笑顔生産法人 有限会社 川原農産 

代表取締役 川原應貴

本年もありがとうございました。良い年をお迎えください。

平成29年も残すところあと数日。

今年は皆様にとってどんな年となったでしょうか?


振り返ると、川原農産では人員の入れ替えと言う大きな節目の年でした。

2月に加工担当をしていたスタッフの卒業。

6月に販売担当をしていたスタッフの卒業。

一時は正社員がゼロになるという非常に危機的状況かに陥ったのですが、ボラバイトの採用や新入社員の入社などで何とか年の瀬までやってきました。


7月の水害や新農法による栽培方法の変革、天候気候に左右されながら、今年は減収した年となり苦しさもあります。

しかしながら、その中においても次年度へ向けての確かな手ごたえはつかんでいます。

肥料を使わない、炭素循環農法の採用によって、作物の健全化を図る努力をした結果、お召し上がりになられた複数のお客様から、いつもと違うとの変化を感じたご指摘・ご感想を頂いております。

 

頭の中でイメージしていたことが、具現化できつつあることに喜びを感じ、またよりお客様の心体にとってより利のある食をお届けする喜びを感じ、次年度に向けてのやりたいことがあふれている今日この頃です。



常に前へ、常に一歩でも高みへ、常により良い選択を!

お客様を喜ばせる事が我が身の喜びとなり、さらに良い歯車を回していく事が、川原農産のやるべき事であると思っております。


本年の営業は、12月28日までです。

年末年始のお休みをしっかりと頂いて、平成30年はさらに邁進する年にしてまいります。

年始は1月8日より営業させていただきます。

よろしくお願いします。

 

笑顔生産法人 (有)川原農産 代表取締役 川原應貴

 

 

本日22日は「丸の内行幸マルシェ」出店

こんにちは!川原農産スタッフのますみです。

本日は冬至ですね。今日を境にだんだんと日が長くなるかと思うと嬉しいです。

冬至といえば古くから「かぼちゃ(南瓜)」を食べる風習がありますが、かぼちゃは別名「南京(なんきん)」といい、陰(北)から陽(南)に向かうことを表すため、かぼちゃを食べると縁起が良く、運盛になると考えられたのだそうです。

ビタミンAとカロテンも豊富なためか「冬至にかぼちゃを食べたら、その1年は風邪をひかない」なんて言ったりもします。

私も今晩は、かぼちゃを食べたいと思います。

 

都内マーケット出店

12月22日~26日まで、川原農産は東京都内のマーケットや路面店舗に出店いたします。

お米やお餅の販売を行っております。

本日は「丸の内行幸マルシェ」にて、スタッフのたくみさんが販売を行っております。

お近くの方は、是非この機会に川原農産自慢の能登の「お米」や「お餅」を食べてみてください。

20171222145530.jpg

20171222145621.jpg

丸の内行幸マルシェ×青空市場@東京駅前・行幸地下通路(行幸地下ギャラリー前)にて

 

日程・場所は以下

・12月22日(金)  「丸の内行幸マルシェ

 時間/ 11:30〜19:30

 

 時間/ 10:00〜17:00

 

・12月24日(日)・25日(月)・26日(火) 「下高井戸駅北口店舗
※住所:東京都世田谷区松原3-42-4(下高井戸駅北口の目の前にある路面レンタルスペースです)
 時間/ 12:00〜20:00(最終日のみ10:00〜18:00)
 
 
 
お正月の鏡餅などもご用意しておりますので、お近くの方は是非お立ち寄りください。
お待ちしております。
 
 
 

《東京出張販売再開しました。ありがとうございます!》



6月の東京出張販売は、担当者不在によって出店できませんでした。
7月の東京出張販売は、ようやく販売担当者が見つかり、通常通りの出店ができるようになりました。

hakariuri.jpg

数多くのリピーターさんとお話をさせていただき、継続してきた甲斐があったと心から思える今回の出張販売です。

山盛り一合100円、奥能登のお米を枡一杯に盛って、更に手の上にのったお米も入れちゃうと言うパフォーマンスとともに、平成16年から東京出張販売をしてまいりました。

俳優の永島敏行氏主催の青空市場に出店して量り売りを始めたことが切欠で、川原農産のお米の販売スタイル枡売りが、確立しました。

 

今回の出店でいろいろな事がわかりました。

前任の担当者が、いろいろと考えてサービスを重ねてお客様を獲得していっていた事。

しかしながら、そのサービスをそのまま引き継ぐのは、次の担当者にとって負担も大きく、事故等につながるリスクもあることから、見直さねばいけない事。などなど。

 

ご愛顧いただいておりますお客様に置かれましては、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、より長く継続していく為に、無駄な部分や無理な部分は極力避けさせていただきたいと思います。

また、近々発表して参ります。よろしくお願いします。

笑顔生産法人 有限会社 川原農産 代表 川原應貴

本日の社長のランチは

輪島玄米餅プレーンタイプ

輪島玄米餅.jpg

細長くスティック状になったお餅は、

  1. 焼きやすい!
  2. 持ちやすい!
  3. 食べやすい♪

半搗きにしてプチプチ感を残したお持ちだから、ご飯を食べているような感覚です。

中に、珠洲のお塩を加えてあるので、そのままお召し上がりいただけます。


玄米って健康そうだけど、いざ準備するとなると、難しそう。とか失敗しそうと

玄米ご飯をあきらめている方は、是非一度輪島玄米餅をお召し上がりください。


一日1本から2本、継続的に食べていくとおそらくですがお腹の調子が変わってしまう予定です。

開封後は冷凍庫で固包装にしてラップでくるんでおいておけば、いつでも好きな時に玄米ご飯を楽しめます。



輪島玄米餅は、(有)川原農産のWebShop 乃至は、のと里山海道別所岳SA 奥能登山海市場にて販売いたしております。

http://www.kawaranousan.com

http://noto-sankai.com/

 

 

 

平成29年産米の苗だし開始

ありがとうございます。

今日の奥能登はやや寒い雨模様。なんだか平年よりも気温が低めだと感じるのは私だけ?

先日6日と7日に播種した苗がようやく育苗機で芽が出てきたのでハウスに並べています。

 

育苗機.JPG

▲数年前に中古品として購入した育苗機、432枚入ります。

表のカバーだけ新調して使ってますが、まだまだ現役です。

手作り育苗機.JPG

▲一昨年から真似してやってる簡易的な手作り育苗機。

23世紀型お笑い系百姓の林浩陽さんのFacebookの投稿をみて、これは便利!とそく真似をして今年は3年目。

パレットに乗せたまま移動が出来るのは、かなり便利ですね。

ここで、528枚。

トータルで1回に約1000枚足らず。960枚稚苗が出来る計算に。

石川65号稚苗.JPG

  今年初めて栽培する、石川65号。「ひゃくまん穀」と言う愛称がついたようですが、、、
ま、ノーコメントで。笑


2017411115452.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、新しいバイトさんも来てくれて、頑張ってます。

プール育苗していく為、ブルーシートの上に並べていっています。

良いお米に育ちますように♪

 

輪島朝市へ!スクランブル発進

おはようございます。

昨晩、朝市担当の従業員より電話。

子供がインフルで、数日見てやってくださいと医者から言われたらしい。

まぁ、しゃーないね。

子供が大事!子供は地域の宝!日本の宝!人類の宝!

ってことで、なんだかんだで連続朝市出勤の九代目与三郎です!

遊びに来てねー♪

ページ上部へ