ホーム>奥能登里山だより>2022年12月

2022年12月

2022年の振り返り

2022年いろいろなことありました。

3月、ベテランスタッフの急な退社の申し出。。。自動車整備工の資格を持っている人だったから、人手不足の自動車整備工場に引き抜かれてしまいました。

引き抜かれる理由もまた考えてみれば、自社の給与や福利厚生の厚みが薄いからだと思います。

 

人手がないと回らない農業で、社員が抜けるのは死活問題。

 

急遽募集を出して何とか、3月中に一人。5月にもう一人と、30代の若手が二人入社してくれました。

 

ベテランスタッフから見たら、全くの素人なので一から教えていく事は負担が大きいものの、
素直な二人は、一生懸命普通じゃない、川原農産のファスティング農業を体感して学んでくれています。


この二人のスキルが、来年さらに磨きがかかる事で、現場がどんどん良くなるものと思います。

楽しみです。

 

農業の収益構造の仕組みがあまりにも悪い状況をどう改善したらいいのか?

この課題を解決するために、2月からずっと考えていた事が4月ようやく形になってきたのが、

FarmSharingです。

 

今までの農業は、農産物を収穫してからでしか現金化ができない上、市場原理によって生産原価が割った状態でも出荷せざるを得ないような状況である事から、雇用を安定化させるための収益がなかなか得にくいのが現状でした。

これを、農家だけで農業をやるから悪いのだ。農家だけで継続できないのであれば、非農家を仲間に引き込んだ農業を展開したらいいと考えて誕生し、5月下旬からFarmSharingオーナーの募集を開始しました。

 

いろいろと改善すべきことも多々見えてきました。

令和5年はこの反省点をベースに改良してまいります。

 

まだまだいろんな振り返りはあるモノの、代表的なところをピックアップして、令和5年に向かいたいと思います。

本年もありがとうございました!

来年もよろしくお願いします。

 

 

ページ上部へ