ホーム>奥能登里山だより>川原農産からのお知らせ>川原農産の方向性
川原農産からのお知らせ

川原農産の方向性

コロナウィルス感染症に日本のみならず、世界各国が翻弄されています。

新しい時代への転換期、この時代の狭間で先に未来の希望の光を見出し歩みだす人、過去との変化をきらい時代の変化に順応出来ない人さまざまおいでです。

私ども(有)川原農産もまた、新しい時代に対応した農業のカタチ、販売のカタチを導入しなくてはならない転換期だと受け止めております。


(有)川原農産は、農業の分野において、無施肥・少量施肥によるファスティング農産物の生産を確立していきます。

何ゆえ無施肥・少量施肥での生産なのか?

人も植物も、動物も土壌も一つの命と言う風に見た時に、不要なものが入り込めばバランスを崩し、病気や不具合を生じます。

必要なものが必要な分だけあるとバランスを整え、外的要因に強い状態を作ります。


森を見た時、そこに誰かが肥料をまているでしょうか?
誰かが農薬を散布しているでしょうか?

何もしなくてもそこに毎年青々とした木々や草花が育っています。


近年持続可能な農業のカタチが問われる社会となってまいりました。

肥料への見方も大きく変化し始めています。

大量生産の為に何かを犠牲にする時代は終わったと思います。

有機肥料と言えど、肥料です。肥やす為の材料と言う事です。

我々は、化成肥料も有機肥料も、肥料と言う同じ人間の都合の為に投じる材料だと考えております。

肥料は必要ない。そんな農業で、安定的な収穫量を生産する技術の確立を目指して取り組んでおります。

従いまして、よく無農薬ですか?と問われることがありますが、弊社は違います。

肥料を断ち、余分な成分を入れこまない事でバランスを健全化させていく、人間で言ったらいわば断食、つまりファスティングを土壌や食物に行っていくイメージです。

もし、健全なバランスを保つことが出来れば、病気にも強く元気な作物や土壌になると思うのです。

(有)川原農産は目指します。健全なバランスの取れた生産物を供給し続けられる農業を。


(有)川原農産は、販売の分野において、新しい市場開拓を行い挑戦して参ります。

これからの新しい市場とは、多くの仲間と作り上げる市場です。

ここにHPを構えECサイトを運営する時代は終わりました。

大手ECモールに出店するという事も手数料や条件に阻まれた限界があり、我々のような零細企業ではのし上がる事は至難の業です。

新しい市場とは、異業種の事業者と共に作り上げるお客様や情報をシェアし、共に三方良しになる市場です。

同じ意識、方向性を持つ人達で作り上げることで、景気に左右されず健全な取引がなされます。

我々がそこに関与して、一緒に市場作りをしていく意味とは、製造活動や販売活動の単粗化。つまりは時間や包装などを短縮・圧縮する事でのコストカット。

より生産に時間を割くことが出来る環境づくりです。

そして、より高品質な商品をよりお値打ちな価格でお届けするシステムを構築する事で、お客様の得につながります。

 

(有)川原農産は、この2本の柱を軸として2021年邁進してまいります。

ご利用いただくお客様には、いつも買えないという不便をおかけしてしまうかもしれませんが、私だけが買える商品私だけが使えるサービスと言った形で、関わるお客様にオトクを感じていただける取り組みをしてまいります。

今後ともよろしくお願いします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kawaranousan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/172

ページ上部へ