ホーム>奥能登里山だより>2018年2月

2018年2月

365日、主食がお餅です!?川原農産のお餅はプラチナ餅!!?

お客様からのお声のご紹介です♪


昨年末から、試験的にはじめてみた新しい場所での販売。

今まで盲点だったと思うほど、お餅が良く売れるのです。

そこでは、既に150人を超えるフォロワーがいてくださいまして、常に川原農産のお餅がアップされるのを今か今かと待っていて下さっているので、商品がアップされるや否や、あっという間に買い手が付いちゃうのです!

 

お餅は、正月だけのもの。

なんて固定概念をたいていの人は持っていると思います。

自分もそうでした。

お餅は作っても、年末にドカン!と作って一気に売ってあとは、細々というイメージだったのが、まったく持って違うという事に正直驚きを隠せませんね。

 

そんなお客様の中には、365日主食がお餅だと言う方、うちのお餅のことを【プラチナ餅!】と評価して下さっている方がおいでで、ちょっと恥ずかしい感じもありますが、嬉しくて嬉しくて、ご紹介させて頂きました。


2018124134537.jpgのサムネイル画像

 

その場所では、一品モノとしてお餅のセットを販売しています。

既に、112の商品をアップしほぼソールドアウトの状態です。

 

そのお客様の反応で、いくつかの傾向が見えます。例えば、上の写真のよもぎ餅。結構好きな人が多いんです。

でも、奥能登や、輪島だと、豆もちの方が人気があったりで、地域とかによっても傾向はちがうんですよね。

 

で、一押しはなんと言っても玄米餅!

2018119171442.jpg

もち米の玄米を蒸して半搗きにして搗いたお餅は、あんまり出回っていないんですよね。

プチプチとした食感と香ばしさが美味しいお餅。

それと形状がスティック状にしてあるのはあんまり他には無いお餅で、

焼きやすく、持ちやすく、食べやすい!と3拍子揃ってます。

 

他にもおいしいお餅はいろいろあるのかもしれません。

ただ、自分のところにもち米が一杯あって、自分でお餅を搗いていてってなると、、、自分のところのを消費するだけで一杯一杯。他のお餅を食べて研究している余裕がなくて、分からないのが現状です。

 

そんなうちのお餅が、好評価だからといって手を抜くわけじゃないですよ!?

常に、今日より明日、明日より明後日!一回一回お餅と真剣に向き合って、更なる美味しさの為に工夫することはないか?気をつけることはないか?とアンテナを張るようにしています。

より、末永く愛して御利用し続けてもらえるお餅を作れるように、今後も腕を磨いていきますよ♪

 

まだお召し上がりになったことのないお客様は、是非川原農産の【プラチナ餅?】を食べてみて下さい!プラチナじゃねーな!って思ったら是非またご指摘下さい。たくさんの人にプラチナ餅と読んで頂けるように精進してまいります♪
 

 

1681年天和元年創業 百姓一系・九代目与三郎

笑顔生産法人 有限会社 川原農産 代表取締役 川原應貴

川原農産はこんな会社です

「たんじゅん農」を取り入れている「川原農産」ってどんな会社?

今日はそんな疑問にお答えします!!

 

農業を通じてお客様の食卓に「笑顔」をお届けする「笑顔生産法人」です

私たち(有)川原農産は、農作物をお客様にお届けすることで、「美味しい」「嬉しい」といった「笑顔が」生まれる食を目指します

生産した農作物がどんなに安全であっても、どんなに無農薬であっても、その農作物(命)そのものが「美味しい」ものでなくては、食べ続けていただくことはできません。

生産した農作物が「安心安全であるのは当然の事」という認識のもと「美味しい」を最優先事項として全社員で追及します。

それにより、継続した購買に繋がり、強いては継続した経営になりると考えております。

生産者とお客様が「持ちつ持たれつ」の関係を築き、共に歩む会社を目指したいと思っております。

 

 

年間休日日数100日以上ある会社です

月の就労日数は21日。日曜日は完全定休日。その他のお休みを相談の上決める事ができますので、平日しか出来ない役場の手続きや、子どもの授業参観や運動会にも融通を利かせることができます。

就労日数は 21日×12ヶ月252日 ですので、

年間休日は単純計算で 365日-252日=113日 です。

自分のプライベートな時間もきっちり作れる就労体制です。

労務士に入って頂き、労働者にとってより働きやすく、より活躍していただける仕事場を目指して日々改善中です。

 

 

女性就業率が高い会社です

取締役の半数は女性です。現在は女性2名のみですが過去数年の社員の男女比を見ても、だいたいが半数又は半数強が女性です。

現在 労務士と協議しながら、『「産休」や「育休」の導入、更には、「産休・育休明けに仕事に復帰できる道」を準備していきましょう』と打ち合わせいたしました。

今後ますます、女性の力感性を必要としていくと考えており、活躍しやすい環境整備を労務士と協議しながら進めてまいります!

 

 

「子どもの成長」と「子育て中のご家族」を応援します

川原農産は、学割米などを通じて、子ども達に「より良い食」を届けていきたいと考えています。

また、子どもの行事やイベントのための休暇願いや、就労日の変更の申請も気軽に相談でき、子育て中のお母さんが働きやすい社風です。

「子は国の宝」と考えており、未来を担う子どもの成長を親御さんたちと一緒にサポートします。

 

 

「たんじゅん農」で、美味しさとエネルギーを意識して農業を行なっています

川原農産では、平成28年度から「たんじゅん農」を採用しています。

「たんじゅん農」とは、炭素循環農の法則の略で、不要な肥料や化学物質を省いて農作物を育てる農業のことです。

病害虫に強く、より自然に寄り添うため、エネルギーが多く宿った農作物(命)になると代表の川原應貴は実感しています。

私たちは、自然本来のおいしさや、エネルギーをもった農産物を育て、それらを原料にした加工品を製造販売しております。

お客様には、安心・安全でかつ、栄養たっぷりの食品を提供することを目指しています。

 

 

農業を志す仲間を受け入れ輩出する会社です

輪島市をはじめ奥能登地区は現在、過疎高齢化が進み、空き家や耕作放棄地が増加しています。

そこで川原農産では、移住して「独立した農業経営者」を目指す人をスタッフとして受け入れています。

我が社が持つ経験や知識、人脈等、独立に必要な情報を習得していただき、奥能登に農家仲間を増やす活動を、自社の経営とともに行っています。

地域と連携が必要になる農業において、同業者の存在は農業を継続する為に必要不可欠です。

農業を継承する者の育成と輩出は、地方で農業経営をするものにとって、生き残りをかけた手段でもあるのです。

 

ページ上部へ